読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーターとして生活する。

イラストレーターすざ木しんぺいのブログです。毎日絵を描いてお昼寝しています。

絵の仕事をするための近道。

こんにちは。

イラストレーターのすざ木しんぺいです。

 

f:id:shinpeisuzaki:20140918212404p:plain

今日は

絵の仕事をするための近道。

についてお話したいと思います。

 

「どうやったら絵の仕事ができますか?」

という質問をたまに見たり聞いたりします。

それに対して

「毎日たくさん描くしかないよ。」

という返答が一番多いのではないでしょうか。

もしくは

「積極的に行動することだね。」

という返答くらいがよく聞くセリフではないでしょうか。

 

少なくとも僕が絵の仕事だけで食べていけなかった頃は

上記の2つの返答が多かった気がします。

 

そして僕自身が絵を描いて生活してる今、

やっぱり「毎日たくさん絵を描く」ということが

とても重要だなぁと実感しています。

 

「毎日たくさん絵を描く」

んなこと言われてもなに描けばいいんだよ!

どんだけ描けばいいんだよ!

と思ったことがあります。

 

ですが僕自身たくさんかはわかりませんが

毎日絵を描く中でいろいろと学んだり思ったことがあります。

 

1. 絵がうまくなる

毎日絵を描いていけばいつの間にか描けなかった物や苦手だった物が

描けるようになったり描くことを挑戦してみようと思えるようになったりします。

 

2. 絵のストックができる

ストックが増えることによって作品集ができたり

見返すと変化がわかったりします。

デジタルで作品を作ってると時間が経ってまた修正したりできますね。

 

3. 絵を描くというハードルを下げれる

毎日描いていると今日はなにを描こうということに悩みますが

「描く」ということを当たり前に思えます。

実際絵の仕事をすると毎日絵を描くことでしょう。

それが苦しければなかなか絵の仕事で生活し続けることは困難ではないでしょうか。

 

4. 時間配分がわかる

ラフを描いて清書、着色までを繰り返すことによって

自分の作業時間がわかると思います。

「こういう絵を依頼したいのですがどのくらいかかりますか?」

などと言った質問にも答えやすくなるでしょう。

 

f:id:shinpeisuzaki:20140918212405p:plain

その他にもいろいろと身に付くことがたくさんあると思います!

きちんと説明できなくてすみません。

 

んなこと言われてもなに描けばいいんだよ!

どんだけ描けばいいんだよ!

 

という問題に関しては一番いいのは

自分で考えて枚数や大きさを決めて守っていくのがいいと思います。

 

この「決めて守っていく」という行為が絵の仕事をするまでに

大切なことだったなと思いますし一番の近道だと思います。

決めて守っていくことで上達して余裕が出たりアイデアが出たりして

新しい発見がうまれたりもします。

 

生意気なこと言ってすみません。

僕もこれからも毎日描いていこうと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

漫画も描いてます。

f:id:shinpeisuzaki:20140807194634p:plain

 

 

すざ木しんぺい

サイト: http://wwvwwvwvwvwwv.web.fc2.com/index.html

ツイッターSHINPEI SUZAKI (szs2szsszs) on Twitter